fc2ブログ

ヒロタサトミの創作人形 

DAMDAM/人形を作って考えた今日このごろ

Fou Fouとお人形



「Fou Fouとお人形」
size/40cm
箱size /w43,5cm×d18,5cm×h12cm
張り子(ぺピアマッシュ)
首、胸、腿、膝に関節

(下の方にタイトルにまつわる長い長い自分語りがあります。よければ読んでみてくださいね。)

foufou1

foufou2


foufou13


foufou14

foufou11


foufou10


foufou9


foufou6


foufou5


foufou4


ずっとほったらかしにしていましたが、久しぶりに新しいお人形の紹介が出来てとても嬉しいです。
今回ご紹介するお人形に至るまでの道のりに、色々な事がありすぎて何からお話しすれば良いのかわからないのですが、
このお人形のタイトルにまつわる長い長い話です。

そもそもの彷徨の始まりは、突然のエコール・ド・シモンの閉校でした。それからコロナでデザイナーのKENZOさんが亡くなられた事、そして横浜人形の家で出会った江戸期の日本人形、この3つが私の製作を考えるきっかけになりました。

前回の個展で大きなサラちゃんを作り、ちょっとやり切った感がありました。
エコール・ド・シモンが閉校してしまい先生の技法を途絶えないように残したいという気持ちと同時に、
このまま球体関節人形を作ってもアレンジに過ぎないという葛藤がありました。

そんな時にKENZOさんの遺品が競売にかけられると言うニュースの中、お住まいの写真をネットで拝見して物凄いショックを受けました。
完璧な美意識で纏められた部屋はどの部屋も本当に美しく、静けさと安らぎと、心地よい緊張感とインスピレーションに満ちた空間でした。
ところが、そこに人形を置いた景色がどうやっても想像できなかったのです。創作はもちろん、アンティークドールすら置いたら煩いと思いました。
ジュモーだってブリュだって合わないと。
それから他のデザイナーのご自宅の写真なども色々見てみました。
どの素晴らしい部屋からもお人形は拒否されてしまいそうだと。

しかしそんな中でも、もしかしたら置けるかも?と思ったのが明治以前の日本人形です。
御所人形でも竹田人形でも抱き人形でも、行けるんじゃないかと。
合わないと言うことは、目にも止めてもらえない、選んで貰えないと言うことです。(自分が素敵だと思う空間に選んで貰えないと言うのはかなりショックでした。)もちろん、KENZOさんやトップデザイナーさんが全てという訳ではありませんが、 何かとてもショックだったのです。

昔の日本人形か、、、と、ちょっとヒントを掴んだ気がして、シモン先生の張り子技法で和人形の要素のある物、、、、と思い、色々古い人形の写真などを見てみました。(不思議なことに西欧の人形も日本の人形も古くなると同じような顔のお人形が多く見られます)

その中で、フランスの人形博物館の写真集にあったぺピアマッシュのお人形に強く惹かれました。
「そう言えば、あのお店にあったな!」とずっと前に印象に残ったお人形を思い出しました。
サイトを覗きに行ったところ幸運な事にまだ売れておらず、お迎えする事ができました。とっても強い空気のお人形で、これは引っ張られるな、、と躊躇していたのですが、思い切って一緒に暮らして空気感を学ぼうと思いました。

いよいよお人形をお迎えしたのですが、そこに添えられたショップのお手紙に、小栗康平監督から是非にと請われて映画「FOUJITA」の小道具として使われたお人形だと言うことが書かれていました。
びっくりした事にずいぶん前から、なんとなくレオナール藤田の描く少女が念頭にあり、作業机の上にレオナール藤田の絵を飾って密かにいつか同じ空気のお人形を作れたらと思っていたのでした。

まるで啓示のような?
(「テレビに出ているお人形が欲しい、映画に出ているお人形が欲しい」という小さな頃からの夢が、又もや奇跡のように叶ってしまった事も驚きでした。)きっと啓示だと思い方向性を決めました。大きなお人形の雛形として作り始めたお人形ですが、このお人形が新しい一歩になりました。

そこで家に来てくれたお人形とのご縁を記念してタイトルを

「FouFouとお人形」(FouFouとはフランス語で「お調子者」レオナール藤田の愛称だったそうです)

としました。
11/12から始まりますビリケンギャラリーさんでの個展でご覧いただけたら嬉しいです。


foufou8
二足作って白い靴と迷ったけれど、結局モスグリーンの靴に


foufou7



関節の様子

foufou15
お人形に同封して頂いた撮影セットの写真
スポンサーサイト



2 Comments

francis  

観えましたよ

景色がよく観てとれるような文章と内容でした。
暫しうっとりとしながら拝読させて戴きました。
久しぶりの心地よい感性に浸る事ができました。
私などが吸うこともできなかった空気を吸わせて戴き有難うございました。

2022/09/17 (Sat) 04:14 | EDIT | REPLY |   

ヒロタ  

francisさま

ご覧くださり有難うございます!
長い自分語りは恥ずかしいですね。
皆さんに色々アドバイスをして頂いておかげで、無事にカメラも買えて、
少し綺麗な写真が撮れました。
しかしカメラも写真も難しいです。色々勉強しなきゃです。
まだ、外撮影には挑戦していませんが、いつか綺麗な景色も撮れる様に頑張りたいです!

2022/09/17 (Sat) 18:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment