ヒロタサトミの創作人形 

DAMDAM/人形を作って考えた今日このごろ

「菌輪 Fairy Circle」展のお知らせ

kinrin2

kinrin1

4月22日(土)からスパンアートギャラリーさんで始まります「菌輪」展に参加いたします。
今回は、演じるピンクッションを少し掘り下げて作ってみました。

mushroom burial1

サイズは30cm程の小さな作品、DMに画像を使っていただきました。
きのこ葬をテーマにした「演じるピンクッション mushroom burial」という作品です。

mushroom burial7

実は、東日本大震災以降、死を匂わせる作品はずっと作らずにいました。
ご家族やご友人を亡くされた多くの方達のお気持ちを考えると、
そういうものは、作ってはいけないという気持ちがありました。
震災から6年が経ち、やっと、もう作っても良いのかなと思えるようになり、
出来たのが今回の「mushroom burial」です。
人は亡くなり土に帰ります。木や草やきのこに吸い上げられる事で、きっと亡くなった方に私たちの周りのあちこちで いつも会っているのですよね。
可愛らしい雰囲気が良いと思い、骸骨は少しコミカルなイメージで作りました。

mushroom burial2


小さな二人の役者の演じる物語を感じて頂けたら嬉しいです。
ぜひ見にいらして下さいね。

mushroom burial6

mushroom burial5

さて、先日のお父さんになった甥っ子ですが、先月末に転勤でニューヨークに旅立ちました。
赤ちゃんと奥さんは、後から追いかけて渡米する予定なのですが、初孫とすぐにお別れの姉が気の毒です。
甥っ子が小さかった時に姉夫婦もニューヨーク勤務で、甥っ子が両親と同じ道を辿るのも又灌漑深いです。
かくいう私も、長男を出産した直後に主人がオランダに赴任し、後から赤ちゃんを抱いて追いかけて行ったのを思い出して、又こちらも灌漑深いです。
なんと時の過ぎるのはあっという間なのでしょう。
家族で揃って暮らせるのは、何年でしょう。短ければ18年で終わってしまうのでは?としみじみと思い至りました。
たった18年とは!なんと短い時間なのでしょう!
本当に1日1日がかけがえのない日なのですね。

最後に、今回もコマ撮りを作ってみました。次はもうちょっと上手に作りたいです^^j。

mushroom burial

ヒロタサトミ Satomi Hirotaさん(@okurumikun)がシェアした投稿 -



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment