ヒロタサトミの創作人形 

DAMDAM/人形を作って考えた今日このごろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな作品の紹介です

スパンアートギャラリーさん主催の「Doll's Show」、無事に終了しました^^。
たくさんのお客様にイヴォンヌちゃんを見ていただき、本当に嬉しいです。
抽選に参加してくださった皆様、また、イヴォンヌちゃんに興味を持って見てくださった皆様、本当に有難うございました!

さて、秋は展示が盛りだくさんです。
今はビリケンギャラリーさんの三人展に向けて、準備も大詰めになってきました。
(作品の撮影が後回しになってしまい、かなり焦っています💦。)
今日は小さな作品の紹介です。

糸巻きの妖精をイメージして作った「糸吐き人形」です。

itohaki4

アンティークの糸巻きが、まるでバレリーナの足のように見えて、こんな形のお人形になりました。
口から桃色の絹糸を繰り出します。

頭の後ろ側には、小さな窓。中を覗くと別の世界に行けるような気がします。
窓の中には小さなハートのピンクッション。
「金の脳みそ」という童話がありましたが、この子は頭の中の絹糸を分け与える献身。
そんな事を考え考え作りました。
人間の子とは違ったイメージにと思い、不自然な首の関節にそして耳も無く。

itohaki1

itohaki2

itohaki3

器用なバランスで立っていますが、スタンドはピンクッションになっています。アンティークのエパングルを飾りました。
スタンドから外して、遊ぶことも出来ます^^。


サイズは35cm弱。三人展で販売します。
三人展の詳しい情報は、近日中にお知らせしますね。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。