FC2ブログ

ヒロタサトミの創作人形 

DAMDAM/人形を作って考えた今日このごろ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「ダルジュロスの美幻」無事に終了いたしました

イメージ動画、オンラインギャラリー、そしてオンラインショップと三つの形で構成された「ダルジュロスの美幻」無事に終了いたしました。沢山の方にご覧いただき、また嬉しいご感想など頂き感謝の気持ちでいっぱいです。また作品をお迎え下さった皆さま、本当に有難うございました。少しでも皆さまの癒しになればと、出来る事をと色々工夫した中での展示でしたが、振り返ってみれば沢山の新しい事が出来(実際に制作してくださった...

 28, 2020   0
Category  未分類

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「残像」手のオブジェ

タイトル「残像」size33cm×23cm手のオブジェをオリジナルのガラスケースに入れました。ガラスケースはカルトナージュです。「恐るべき子供たち」の小説は1929年に書かれましたが、映画に登場するファッションや美術を見ると1930'sから1940'sを思わせます。(主な舞台となる寝室)その時代感を燻した真鍮色と少し質素な感じのカルトナージュで表現しました。...

 19, 2020   0
Category  未分類

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

空想の時間「Danse sur la lune」

最後にクルクル回るオルゴールの紹介です。タイトル「Danse sur la lune」サイズは測り忘れました、ごめんなさい。キャビネットに収まるサイズです。(ゼンマイ式なので、止まる向きは調節できません)1日が終わり静かにベッドに入る時、エリザベートの心は自由に空想の世界で遊んだ事でしょう。アヘン中毒の治療中であったコクトーが、きっと見ただろう美しくも苦痛を伴うような幻を、私は思い浮かべます。それが、軽やかに月の上...

 19, 2020   0
Category  未分類

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「少年のルリケール」と「寡婦のルリケール」そして「Eden」

こちらは少し大きめなルリケールです。タイトル「少年のルリケール」size20.5cm×15.3cmタイトル「寡婦のルリケール」size20.5cm×15.3cm小説の中でエリザベートは未亡人となるのですが、ルリケールに使用した古い絵葉書はメリーウィドウハットを被った夫人の絵葉書です。メリーウィドウとは陽気な未亡人という意味だそうです。エリザベートは陽気とは言えませんが。タイトル「Eden」奇しくもコロナウイルスの影響で家から出られな...

 18, 2020   0
Category  未分類

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

小さなルリケール

「聖遺物」が収められた美しい箱やフレームをルリケール と呼ぶのですが、一般にルリケールと纏めて呼ばれる物の中には、小さなマリア像の入った箱や土産物のような物まで色々見ることができます。(そういう物は正式にはルリケールと呼ばないのかもしれませんが)いつか作ってみたいと思っていたルリケールです。今回やっと作る事ができて、とても嬉しいです。亡くなった聖人の形見を土に返さずに生かし続けるルリケール。死にな...

 18, 2020   0
Category  未分類

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

エリザベートとポールのお人形

「恐るべき子供たち」の主人公であるエリザベートとポールの姉弟をイメージに作ったお人形です。タイトル [Les Enfants terribles]size 45cmヘッドと手足をプラスチックで6体限定で作りました。男の子が1/6,女の子が2/6です。ボディーは布ボディーです。(一番下の写真の形です)女の子のボディーはウエストを細く絞りました。(ガラスドームは付属しません)着せ替えの楽しいお人形です。お座りも上手です。...

 17, 2020   0
Category  未分類

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

作品紹介「面影」

メイン画像に使って頂きました、胸像のご紹介です。映画の一場面、上の二枚の画像は同じ女優さんが演じています。ダルジュロスと、ダルジュロスに瓜二つのアガート(写真下右)。二人の面影が行き来する、そのようなイメージで作りました。(ウイッグを変えられます。)タイトル「面影」size 67cm首と腰に関節、ブロンドのロングウイッグが着替えとして付属します。...

 16, 2020   0
Category  未分類

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「ダルジュロスの美幻」

二人展開催のお知らせがすっかり遅くなってしまいました。「ダルジュロスの美幻」 SERAPHM様のサイトにてオンライン展示が始まりました。(↓こちらからSERAPHIMさんのサイトに入れます)Lhiannan:Sheeさんとの二人展「ダルジュロスの美幻」、お話を頂いてからゴールデンウィーク開催に向けて製作を進めていました。ところが2月あたりからのコロナウイルスの大変な状態が始まり、どのように開催できるのかという問題にぶつかってし...

 16, 2020   0
Category  未分類

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

今年も本当に有難うございました

大忙しだった11月12月の展示もすべて無事に終える事ができました。気付くと3つも展示が重なっていたのですが、幸運なことに搬入搬出が少しずづズレていて、何とか搬出まで泳ぎ切れました。来年の展示の準備なども多少目処をつけて、やっと皆様に御礼のご報告をする時間が出来ました。三つの展示、それぞれに沢山の応援とご来場を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました!どちらの会場でも、何度も足を運んで...

 28, 2019   0
Category  未分類

いよいよ今週末に初日を迎えます

荷物もすっかり送り出し、なんだか広くなった部屋で静かな時間を過ごしています。個展が決まってからの2年は飛ぶように過ぎてしまい、ただひたすら作っていたと言う事以外あまり記憶がありません。でも、その2年の間に、病気で手術を繰り返していた次男が一年留年し、その後無事就職をし独り立ちしました。数ヶ月一人暮らしもしました。単身赴任をしていた主人が帰って来て、甥っ子には二人目の子供ができ、何人かの知り合いが天に...

 12, 2019   0
Category  未分類